薄毛対策として植毛を選択する人が増えています。

日本人男性の3人に1人が薄毛に悩んでいるというデータがあるぐらい、薄毛は誰でも陥りやすい症状なのです。

近年になって、男性だけでなく薄毛で悩んでいる女性も増加傾向にあります。

薄毛とは、頭皮の髪の毛が薄くなってしまい地肌が見えてしまうというものです。

ストレスや食生活の乱れなどが原因で、髪の毛が抜け落ちてしまったり、元々生えている髪の毛が細くなってしまったりと、人によって症状や原因は異なります。こうした薄毛を改善するために、育毛剤や発毛剤などを使用したり、かつらなどで増毛したりする人も多いのですが、それ以外にも植毛という手段も挙げられます。



植毛は、人工毛や自毛などを頭皮に植え付けて、髪の毛を増やすというものです。
ここ数年でその技術力は高まっており、薄毛治療として多くの人に受け入れられるようになってきました。植毛は、かつらなどに比べると、より自然な仕上がりが期待でき、短期間で効果が得られやすいというメリットがあります。

Ameba Newsを初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

しかし、人工毛を植え付けた場合は、身体が異物に拒絶反応を起こし、炎症や化膿などといった症状が表れることもあります。人によっては定着するのが難しく、植え付けた人工毛が抜け落ちてしまうケースもあるのです。

一方で自毛の場合はこうした心配はなく、高い定着率を誇っています。移植した自毛は一度抜け落ちますが、それ以降は他の髪の毛と同じサイクルで成長していきます。

植毛を行う場合は、それぞれのメリットやデメリットをきちんと把握しておくことが大切です。

植毛について補足説明いたします。